何かと増えてしまう、海外旅行中の持ち物。

ケガをしたら、服が汚れたら、肌荒れしたら、病気になったら、持ち物をなくしてしまったら、壊れてしまったら…心配になればなるほど、どんどんと持ち物が増えてしまいます。日本国内の旅行なら、足りなくなったら買いに行けばOK。でも、海外では望みのものが手に入るかどうかわかりません。いつも使っているドライヤー、余分な服や下着、靴、使用頻度の少ない医薬品など、海外旅行へ行くのに「一体、何泊するの!?どんな不便な村へ行くの!?」というほど荷物が多い人も少なくないのです。

旅行中の持ち物を、少しでも減らす方法。 旅行中の持ち物を、少しでも減らす方法。

必要最低限のものだけ、目の前に並べてみる。

不安なことは考え始めるとキリがないので、一旦考えるのをやめてみましょう。“余分”や“予備”を考えずに、必要最低限のものだけを目の前に並べてみます。その荷物だけで行った場合、ケガをしてしまったらどうするか、服が汚れたらどうするか、肌荒れしたらどうするか…などを考えてみると、案外対処できてしまうものです。「どうしても無理!」という場合だけ、持ち物にプラスしてください。

もっと減らせる!さらに身軽に旅行するために。

「必要最低限だ」と思って揃えたものの中にも、まだまだ要らないものが混ざっているはず!例えば衣類。足りなくなったら自分で洗うか、コインランドリーを利用するのも手です。ドライヤーは現地のホテルで大体借りられます。普段使っているものを持っていくとなると、変圧器や変換プラグも必要になりますが、これをカットするとかなり持ち物も軽くなるのではないでしょうか。“無くては生きていけないもの”だけにしてしまえばかなり荷物は減るでしょう。さらに、衣類は圧縮袋に入れると量(かさ)も減ります。

自分にとって必要かそうでないかを見極める。

荷物を減らしていくことは、余分なものをそぎ落とすような感覚になるので楽しくなってくる人もいるでしょう。ただし、ここまで書いておいて言うのもなんですが、“減らしすぎ”にご注意を!現地へ行って困った…となるよりは、多少荷物が重いほうがまだマシです。本当に必要なものとそうでないものは、人によっても違うので、自分が普段使っているドライヤーでなければイヤ!という人はかさ張っても持っていくべしです。