英語が話せないから、旅ができない?

日本で英語を勉強したのに、いざ海外へ出るとなかなか上手に話せないのでは、と不安に思っている人は多いのではないでしょうか。海外旅行に興味あるのに、それがブレーキになっていなければいいのですが。習った通りには話せない、聞き取れない、なんていう経験は、私も何度もしてきました。ところが、英語を母国語として話す国なんて世界中を見渡せば、数カ国です。そんなに気を負わなくても楽しい海外旅行ができますよ、とアドバイスしたいです。

旅に英会話力は重要なのか? 旅に英会話力は重要なのか?

挨拶とお礼は地元の言葉が一番

電車の切符を買う際は、窓口なら行き先などを紙に書いて、若しくは券売機で買えます。地元の人が行くような店で食事をしたければ、どちらにしろ英語メニューはありません。大都市を除いて英語が話せるウェイターも意外と少ないものです。入場券を買うのも、枚数を英数字で言うだけで充分です。地元の人と触れ合うなら、挨拶やお礼はむしろ現地の言葉で言った方がいいです。観光客慣れしていない土地へ行くと、その効果はさらに絶大だと感じました。

仲間を増やすための英会話

ただ、世界中の旅人同士が集まれば、会話はどうしても英語になりがちです。それでも、意外に単語を並べるだけで会話ができるから面白いものです。ユースホテルに泊まり、さまざまな国の旅行者と知り合うきっかけになりました。彼らの多くも母国語は英語ではなく、会話する道具として英語を使うだけでした。仲良くなって、その後も一緒に出かけることもありました。文法の間違いなどは気にせず話すのが一番です。私のつたない英会話力でもみんな親切に聞いてくれましたし、それは旅の醍醐味を左右しないと思いました。

世界共通の言語は英語だけではない

日本人は無理に笑顔を作る、と批判されたことがあります。嫌なのに笑顔で断るから、相手に意志が通じないと。表情は言葉よりものを言います、いやな時は笑わずにNOと言いましょう。一方で、笑顔は世界共通の言語とも言え、人とのコミュニケーションの武器にもなります。笑顔でいれば、喜んでいることは相手にも通じ、よくしてくれた人への最大の感謝として伝わるでしょう。気持ちはもっと通じるはずです。語学力は必要ない、というと乱暴ですが、英会話力よりも一番有効の手段を持っているので、気を負わず海外へ出かけてみませんか。