page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

夏時間、冬時間。サマータイムの切り替えにあわせ、時計の針を変更しましょう


掲載日:2015/03/15 テーマ:海外旅行の準備

タグ: ためになる ひとり旅 街歩き


3月下旬と10月下旬は時計に気を付けて

夏時間、冬時間。サマータイムの切り替えにあわせ、時計の針を変更しましょう 夏時間、冬時間。サマータイムの切り替えにあわせ、時計の針を変更しましょう

戦後、一時は日本でもサマータイムが導入されていたことがありますが、今では日本人には、サマータイムなど馴染みがありません。そのため、サマータイムの切り替えの時期に、サマータイムを採用している国を旅行していても、ついついその存在を忘れがちです。特に、飛行機や列車の予約がある日に、サマータイムのことを忘れていると大変です。ヨーロッパでは、3月下旬と10月下旬にサマータイムの切り替えがあるので、もし旅行のスケジュールがこの時期に当たっていたら、十分気を付けてください。

10月の切り替えのときは、1時間寝坊できると覚えよう

サマータイムの切り替えは、1時間時計の針を進めたり、戻したりして行います。さて、ここでクイズです。10月の切り替え時には、時計の針を1時間進めるのでしょうか? それとも、戻すのでしょうか? 正解は「戻す」です。10月の切り替えのときは、1時間寝坊できると覚えておくと簡単です。正確には、3月最後の日曜の午前2時を3時に進め、10月最後の日曜の午前3時を2時に戻すのです。現地の電子時計は、この切り替えタイムに、くるくるまわって時間調整をしますが、普通の時計は手動で時計の針を調整しなくてはいけません。

切り替えの直後は、公共の時計が間違っていることも

日本ほど、ぴしっとした国はありませんので、信じられないかもしれませんが、ヨーロッパのサマータイムの切り替え直後は、あちこちの時計がよく間違っています。公共の広場にある時計が、平然と間違ったままだったりします。だいたい1週間もすれば、正しい時間に修正されますが、この時期は「信じられるのは、自分だけ」くらいの気持ちでいたほうがいいです。10月の切り替えの時は、まだいいのですが、3月の切り替えの時は要注意です。1時間、時間を間違えると、飛行機や列車に乗り遅れてしまうことだってあるからです。この時期に、ヨーロッパを旅行するときには、いつもより時間に敏感になってくださいね。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/03/15)

海外旅行準備マニュアルもあわせてご確認ください。

  • 海外旅行準備マニュアル
  • ※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
    ※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
     提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
    エイビーマガジンについて

     

    キーワードで記事検索

    検索