急な用事で行けなくなった海外旅行

楽しみにしていた海外旅行、急な用事でどうしても行けなくなってしまうことがあると思います。そんなときは誰か代わりに…なんて考えている方も多いのではないでしょうか。誰しもが簡単に思い浮かべるこのイメージですが、実はそれが“大きなまちがい”であることをみなさんは知っていますか?

うっかりが痛い出費に!? 海外航空券のネームチェンジに要注意 うっかりが痛い出費に!? 海外航空券のネームチェンジに要注意

海外航空券は変更ができないってホント!?

原則として、海外航空券は、発券後の変更が一切できません。これは家族同士であっても、一切の変更手続きは不可能です。代理の方が行かれる場合は、一度取消料を支払い、改めて取り直しをするしか方法がありません。格安航空券が主流となった今、航空会社もいち早く航空券を販売するために、意図的にオーバーブッキングをしたり、早割などのプラン設定をしたりと工夫をこらしています。そのため取り直しで座席を空けたとしても、実際に同じ便に空席があるかどうか、同額のプランがあるかどうかは、そのときの状況次第となることを覚えておきましょう。

うっかりが痛い出費になることも

もう一つ注意すべきことがあります。それは、海外航空券を予約する際の“名前"です。海外航空券は、パスポート表記と一文字違っただけで搭乗することができません。特に「大山(OHYAMA)」さんや「難波(NAMBA)」さんなど、ローマ字表記に長音や破裂音を用いる方は注意が必要です。うっかり一文字間違えただけでも、航空券取り直しの痛い出費になります。私が旅行会社員時代も、同様のトラブルが相次いでいました。自分だけではなく、必ず同行者のパスポート表記も確認することが重要です。

予約の前に必ずもう一度予定とパスポートをチェック

私たちは、実際に旅行会社の窓口に行くと「今なら安い、残りわずか」などの営業トークに、どうしても気持ちが焦ってしまうことがあります。確かにお得な航空券はすぐになくなってしまいますが、その分取消料規定が厳しいことを理解しておかなければなりません。万が一、間違って予約をしてしまっても、旅行会社も航空会社も決して取り合ってはくれません。海外航空券を予約するときは、必ず自分と同行者の予定を十分に確認し、更にパスポート表記も自分の目で確認することをオススメします。