旅先での洗濯はどうしてる?

私は短期の旅行だったら、旅行先で洗濯はしないですが、何日かにわたる旅行に出かけるときは洗濯グッズを持って行きます。理由は、できるだけ荷物を減らすため。下着類はペラペラとはいえ、何枚もあると以外にかさばります。特に、帰国のとき、かばんにお土産をいれるスペースを残しておきたいですしね。それには、洗濯グッズも、できるだけかさばらないように持って行くのがコツです。

ホテルでの洗濯の裏ワザを教えます! ホテルでの洗濯の裏ワザを教えます!

オススメの旅の洗濯グッズは

ホテルの部屋のハンガーは、クローゼットから取り外せない仕掛けになっているものも多いので、ハンガーも持参するのですが、クリーニングやさんでもらえるプラスチックや針金のハンガーが便利です。また、安い小型の物干しピンチも持って行きます。旅行先で捨ててしまっても惜しくないものです。せっけんは、体を洗う普通の固形せっけんでもいいような気もしますが、粉の洗濯用の洗剤がベスト。汚れ落ちがまったく違います。洗剤は小分け袋に入ったものもありますが、ジップロックに使う分だけ入れて持っていってもいいと思います。

洗濯はバスタイムを利用しましょう

ホテルで洗濯というと、たいてい観光から帰ったあとにしますね。疲れて気力がないですが、入浴タイムにまとめてしてしまいましょう。まずは、普通にお風呂に入ります。そして、バスタブがあればいいのですが、シャワーブースでもできる洗濯方法をご紹介。まずは、ざっと洗ったバスタブにひたひたにお湯を張ります。そこに、洗濯物を入れて洗剤をパラパラ。綺麗に洗った足で踏み洗いをします。たいていの汚れはこれで落ちます。それから、ゆすいでギュッと絞って水分をきります。

タオルを上手に使いましょう

その後、脱水です。入浴して使ったあとのバスタオルを再利用します。バスタオルに洗濯物をくるくる巻き込んで、ポンポン叩きます。これで、ずいぶん水気がなくなりますので、物干しピンチやハンガーを利用して、浴室に干します。ホテルによっては、バスタブの上に、物干し用のロープが張れるようになっていて便利ですよ。空気が乾燥している土地だったら、たいてい一晩で乾きます。使ったあとのバスタブは綺麗に流しておいて、バスタオルはバスタブの中に入れておきましょう。タオルはバスタブの中に入れると「交換して欲しい」とのサインになります。こうすれば、お行儀もよくてバッチリですね。