海外旅行で楽しみな食事、テーブルマナーは大丈夫?

海外旅行の際、気になることのひとつにテーブルマナーがあります。日本では当たり前のテーブルマナーや普段のクセでも、海外に行ったらバッドマナーになってしまうことがよくあります。海外旅行に行って、何も食べずに帰る人は誰ひとりとしていないでしょう。特に食事をするときは、そのマナーが求められます。海外旅行といえば、その土地の料理が魅力です。美味しいグルメスポットを調べるだけではなく、あらかじめ旅行先のテーブルマナーを調べておくことも大切です。今回はアメリカのテーブルマナーを例に、日本との違いをご紹介します。

食事前に覚えておきたい、アメリカのテーブルマナー 食事前に覚えておきたい、アメリカのテーブルマナー

店員さんを大声で呼び出してはいけません

まず、アメリカのレストランでは、大声を出してテーブル係を呼び出してはいけません。日本の居酒屋では、店員さんを大声で呼ぶ様子がよく見受けられます。アメリカでは、この大声でテーブル係を呼び出すことはマナーが悪いこととされています。テーブル係が気づくのを待つか、軽く手を挙げてアピールして下さい。絶対に、他のお客さんの接客中に声をかけてはいけないので、注意をしましょう。

食器を持って食べてはいけません

次に日本人が気をつけたいのは、食器を持って食べる行為です。これもアメリカではマナー違反です。意外にもこれは日本特有の習慣のようで、諸外国では食器をテーブルに置いたまま食事をします。いくら気をつけていても、ふとした瞬間にやってしまうのが生活習慣です。十分に意識しながら食事することが大事です。

ナイフとフォークを使った食べ方

また、ナイフとフォークを使用して肉や魚を食べる場合、どうやって食べるのがマナーか知っていますか?切り分けながら食べるか、切り分けてから食べるか迷う方が多いと思います。これは後者がマナーで、あらかじめ切り分けてからフォークを右手に持ち替えて食べます。このようにアメリカには、日本人が知らないテーブルマナーがたくさんあります。グルメスポットだけではなく、こうしたマナーも十分に調べて旅行するようにしましょう。