機内への液体物持ち込みが制限された!

海外でワインなどを買ったときは、かつては手荷物で機内に持ち込むのが普通でした。ところが、2006年のロンドン旅客機爆破テロ未遂事件以降、対応が変わりました。この事件は、液状物質を使って航空機を爆破するという計画だったので、それ以降、機内への液体物持ち込みが制限されることになったのです。事情はわかりましたが、困ったことになりました。ガラス瓶に入ったワインもスーツケースに入れなくてはいけなくなりました。日本の空港では、荷物は丁寧に扱ってもらえますが、外国ではそうはいきません。ボンボン放り投げられていると思っていいでしょう。

液体物を手荷物で持っていく場合、どうしたらいいの? 液体物を手荷物で持っていく場合、どうしたらいいの?

よく間違えやすい決まりもあるので注意

今は、航空機の機内に液体物を持ち込む場合は、100ml(g)以下の容器に入れ、さらに容量1リットル以下のジッパーの付いた再封可能な透明プラスチック製袋に入れるという決まりがあります。よく間違えやすいのは、100mlの液体物ならばいいだろう、ということで使いかけの化粧水などの瓶を持っていく場合です。普段使いの化粧水の瓶は100mlよりも大きい容量がありますね。100ml以下の容量の容器に入れなければなりませんので、これはアウトです。

乗り継ぎがあるときは気を付けて

搭乗ゲート付近の制限区域にある免税店で、ワインなどを買った場合はどうでしょうか。お店の人が、密閉式のビニール袋(ICAO様式のSecurity Tamper Evident Bag)に入れてくれ、これは機内に持ち込みできます。ですが、乗り継ぎがあるときは気をつけましょう。免税店で買ったものであっても、乗り継ぎ地でだめといわれる場合がけっこうあります。

国土交通省のリストは使えます

また、どういったものが液体物の対象になるか迷ってしまうこともありますね。日本では、国土交通省が詳細なリストを作っていますので、ぜひ見てください。http://www.mlit.go.jp/common/001105372.pdf
海外では、その国によって規定があります。チョコレートやチーズも液体物の扱いになる国もあります。また、搭乗ゲート前のベンチで食べようと思って持っていたオレンジを没収されたという話もきいたことがあります。
なんでも、絞れば液体になるという理屈だとか。なんだか謎かけゲームみたいですね。