クレジットカード付帯の海外旅行保険

みなさんは海外旅行の際、海外旅行保険には加入していますか? 海外旅行保険とは、海外滞在中に病気やけがに見舞われた場合に、その医療費をカバーしてくれる安心の保険です。海外での医療費には、日本の健康保険が適用されません。国によっても違いますが、盲腸炎ひとつで新車から家が買えてしまうぐらいの医療費がかかります。そのため海外旅行の際は、海外旅行保険に必ず入っておきたいものです。最近では、お手持ちのクレジットカードに、この海外旅行保険が付帯されていることがあります。特に旅行会社が発行しているゴールドカードは、医療費に対する補償額も大きいため、海外旅行の旅に別途海外旅行保険に加入する人は少ないのではないでしょうか。しかし、そんなクレジットカード付帯の海外旅行旅行保険には、思わぬ落とし穴があるのです。

あなたのクレジットカードは大丈夫? 付帯海外旅行保険の思わぬ落とし穴 あなたのクレジットカードは大丈夫? 付帯海外旅行保険の思わぬ落とし穴

「自動付帯」と「利用付帯」の違い

クレジットカードを持っているだけでは、付帯の海外旅行保険が適用にならないケースがあるのです。クレジットカード付帯の海外旅行保険には、「自動付帯」と「利用付帯」のふたつの種類があります。自動付帯とは、その名の通り所持しているだけで海外旅行のたびに自動的に保険が適用されます。一方で気をつけたいのは、利用付帯のクレジットカードです。この場合は、クレジットカードを所持しているだけでは海外旅行保険が適用されません。海外旅行にかかる旅行代金の決済に、そのクレジットカードを利用しないと付帯されないのが、この利用付帯のクレジットカードです。みなさんが持っているクレジットカードは、どちらのタイプのものでしょうか?

グループ旅行は要注意!

特に気をつけたいのは、家族や友人たちと行くグループ旅行です。この場合、誰か代表者のクレジットカードで決済することが多いと思います。ここで自分は、クレジットカード付帯の海外旅行保険に加入しているからと安心してはいけません。利用付帯のクレジットカードの場合は、決済を行った代表者のクレジットカードだけが適用となり、参加者のクレジットカード付帯保険は適用になりません。従って、別途海外旅行保険に加入する必要が出てきます。今一度、ご自身のクレジットカードを見直してみることをオススメします。それが利用付帯の海外旅行保険だとしたら要注意です。もしかしたら、入っていると思っていた保険なしで海外旅行へ行っているかもしれませんよ。