page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

知っていると重宝する、インド旅行時の洗濯事情


掲載日:2016/09/20 テーマ:海外旅行の準備

タグ: お得 ためになる 節約


旅の時期によって考えよう

知っていると重宝する、インド旅行時の洗濯事情 知っていると重宝する、インド旅行時の洗濯事情

「インドを旅するとき、みんな洗濯はどうしているんだろう?」という、意外に大事なこんな疑問にお答えすべく、今回は筆者の経験をお伝えしますね! インドは広大な土地なので、一概に夏や冬の定義をするのは簡単ではないですが、まずは、自分の旅の目的地の気温を見て、夏か冬か判断してください。これにより、必要な着替えの数を用意する目安になります!また、あまり知られていないのですが、ヒンディー語で「アマヴァシヤ」と呼ばれる新月は、ランドリーやはお休みのところが多いです。

日照時間の少ない冬のデリー

まず、洗濯は中級ホテル以上ならホテルのランドリーに出すのが無難で、安宿でしたら、近所にランドリーがないか聞いて、自分でランドリー屋さんに出すのがいいでしょう。ランドリー屋さんは、アイロンをかけているので、見た目でわかるはずです。出す場所にもよりますが、ランドリーは一枚50円から100円以下でアイロンもかけてくれます。夏はどの地域も朝ランドリーを出したら夜帰ってくる確率が高いですが、ランドリーを出す時に、「翌朝6時に出発するので(そうでなくとも!!)必ず今日の夜返してもらいたい。」と念押しすることを忘れないで下さいね。また、冬のデリーは日照時間が少ないので、当日返しが出来るといいながら、当日夜に帰ってこないこともよくあります。または、返ってきても生乾きだったことさえあります。冬はどの地域も当日に返ってこないという前提で、お洋服の準備をしてくださいね。

ハンカチ、肌着類は手洗いしよう

ハンカチや下着類をランドリーに出すのは、ちょっと気が引けますよね? そこで、筆者はホテル近くの雑貨やで一回分の洗剤を買って(約6円ほど)夜シャワーに入るついでにささっと洗っています。日本からの手荷物に入れてくるのにオススメしたいのは、日本で旅行用品売り場などで売っている折りたたみ式の小さなハンガーです。吸盤がついていて、シャワールームの壁につけられるタイプのものは、更に重宝しますよ。次の日までには乾いているので、持ってくる枚数も少なくて済みます。以上を参考にして、必要枚数を算出して、賢く旅の準備をしてくださいね。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/09/20)

海外旅行準備マニュアルもあわせてご確認ください。

  • 海外旅行準備マニュアル
  • ※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
    ※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
     提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
    エイビーマガジンについて

     

    キーワードで記事検索

    検索