page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

海外旅行中、自宅のポストに郵便物がたまるのがイヤ…そんなとき、いい方法があります


掲載日:2018/10/15 テーマ:海外旅行の準備

タグ: ためになる ひとり旅 家族旅行のススメ


何かと心配な留守中のポスト

一人暮らしの場合、海外旅行で長期間、家を空ける間、ポストに郵便物がたまってしまうのは心配ですよね。集合住宅のポストだと、留守中に大事な郵便物がチラシに埋もれていくことになったり、仮に旅行中の郵便物が大量にあった場合はポストがパンパンになったり。一人暮らしでなくても、家族全員で海外旅行、などというときは同じですね。留守中の郵便物が気になってしまいます。そんなときは郵便局の「不在届」のシステムを利用しましょう。希望の期間、配達を止めて、あとでまとめて配達してもらえます。保管の期間は最長30日までです。

まずは「不在届」の用紙を手に入れよう

郵便局でもらった「不在届」の用紙。上の部分に記入します 郵便局でもらった「不在届」の用紙。上の部分に記入します

届け用紙は郵便局に行けばもらえますし、郵便局のホームページからダウンロードもできます。その用紙に不在期間、住所、氏名を書いて捺印すればOK。不在期間は間違えないようにしっかり確認しましょう。郵便局は日曜に配達をしていないので、保管期間が終わる日の翌日が日曜日の場合は、月曜日に配達されますよ。自分の場合は何月何日に配達されるのか、しっかりイメージしてから記入してくださいね。書き終わったらその用紙を自宅の最寄りの郵便局へ提出するのですが、本人確認が必要となるので、運転免許証や健康保険証などをどれか忘れずに持っていきましょう。

提出後、自宅に確認票が届く

郵便局の窓口に提出したら、用紙の下の部分が控えとしてもらえます。そして数日後に、自宅に「不在届受付確認票」が届きます。これは第三者が虚偽の届けを出すことを防ぐために確認として来るものなので、受け取ったら特に何もする必要はありません。あとは安心して旅行に出かけて大丈夫です。帰国後は、提出した日付に則して、保管されていた郵便物がまとめて届けられます。

短期の旅行にだって使えます

注意点としては、自宅宛てのすべての郵便物が保管されるので、家族で住んでいる場合、家族の誰かの分だけ、というのは不可能だということ。保管期間中に自宅に家族(または同居人)の誰かがいることが判明した場合は、郵便物が配達されてしまうそうですよ。「家のみんなが不在」(家に誰もいない)というのが前提なので、気をつけてくださいね。それから届けを提出する時期に関して郵便局に訊いたところ、前日でも受け付けてはくれるそうですが、余裕をもって、できれば不在期間の始まる1週間前ぐらいには出してもらえたら、とのことでした。また保管期間は最長で30日ですが、最短では何日ですか?と訊いたところ「1日」だそうです。ですから短期の旅行、たとえば2泊3日でも、郵便物が心配であればこの制度が使えるということですね。ちょっとの手間で旅行中も安心です。ぜひ利用してみてください。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/10/15)

海外旅行準備マニュアルもあわせてご確認ください。

  • 海外旅行準備マニュアル
  • ※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
    ※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
     提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
    エイビーマガジンについて

     

    キーワードで記事検索

    検索