page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

羽田空港第3(旧国際線)ターミナルで過ごす、フライトまでの特別な時間。おすすめはココです!


ギリギリの到着ではもったいない。早めに空港へ!

早朝に着いたら、展望デッキで日の出を撮るのもおすすめ 早朝に着いたら、展望デッキで日の出を撮るのもおすすめ

今日から待ちに待った海外旅行! 羽田空港第3ターミナル(2020年3月、「国際線ターミナル」より改称)から出発するとしたら、あなたなら空港でどんな時間を過ごしますか? 飛行機に乗るまでの時間は、もうすでに非日常への始まりですよね。さて、たっぷり余裕を持って到着した羽田空港第3ターミナル。羽田空港大好きな私の、おすすめスポットをご紹介します!

プラネタリウムで星空を見上げてみよう

スターリーカフェの朝食セット(朝はプラネタリウムが閉まっています) スターリーカフェの朝食セット(朝はプラネタリウムが閉まっています)

「羽田空港が好き」というのは、もちろん自宅に近いからというのもありますが、コンパクトな割に空港での時間を楽しめる選択肢が広いからです。まずは一般エリア5階「TOKYO POP TOWN」にある「スターリーカフェ」。ここは、日本初の空港内プラネタリウム併設カフェです。プラネタリウムコーナーに入るには入場料530円に加えワンドリンク制ですが、一度入れば制限時間はなく、のんびりとロマンチックなひとときを過ごせます。羽田オリジナル番組も意外な秀作揃いですよ。

あなたのクルマはどれにしますか?

「ワー、すごい」熱戦に驚く(?)子供たち 「ワー、すごい」熱戦に驚く(?)子供たち

同じフロアに、「博品館TOY PARK」があります。おもちゃ屋さんなんですが、大人も夢中になれる遊びが、全長50メートルのスロットカーサーキット。リモコン操作でミニカーを走らせるんですが、制限時間の5分間は思ったより長くて楽しめるんです! 私はコーナーをうまくカーブさせるのが難しくて何度もコースアウトし、大騒ぎしていると、周りの子供達が寄ってきてちょっと恥ずかしい思い! でも夢のスーパーカーを選び放題(ミニカーですが……)なのも、車好きにはツボですよ。

フライトシミュレーターでパイロットにもなってみよう

千住博のアート作品探しもおもしろいですよ 千住博のアート作品探しもおもしろいですよ

これから飛行機に乗るんだし、車ではなく飛行機を操縦したい! そんなあなたは、TOKYO POP TOWN の端にある通路「TIAT SKY ROAD」へ。ここにはフライトシミュレーターが4台あり、200円で遊べます。子供用の遊びだと馬鹿にしてはいけません。難易度が選べるんですが、上級者向けの着陸操作はそうとう難しいですよ! なお、ここは第3ターミナルの中でも一番の穴場といえる通路で、たいていは空いています。しかし子連れ旅行シーズンの最中には、行列になることも。
また、TIAT SKY ROADには、世界各国の飛行機の小さなモデルも展示されており、しかもたまに入れ替わるのです。今は現役を引退した懐かしい機体や、レアな会社の機体も置かれていて、地味なコーナーながら飛行機好きには何度も訪れたい場所なんです!

お金を使わず、館内を散策するだけでも楽しい

「江戸舞台」の桜の飾り付け 「江戸舞台」の桜の飾り付け

この他、飛行機を間近で見られる「展望デッキ」はもちろんのこと、檜造りの「はねだ日本橋」や江戸の街並みを再現した「江戸小路」などは東京ならではの雰囲気を感じられるスポットです。アミューズメントスポットとはいえないかもしれませんが、私がいつも楽しみにしているのは、季節ごとの館内装飾なのです。たとえば桜の季節には桜が、初夏には朝顔の花が、生のお花と造花で、あちこちに飾りつけられます。中でも特に好きなのは、冬季限定の「羽田Sky illumination」。空港の館内という限られた空間をめいっぱいに活用したイルミネーションは、海外旅行直前の気分をいっそう盛り上げてくれますよ。毎年11月中旬から点灯しています。

旅立てる日を楽しみに、空港での過ごし方も計画しよう

レストラン「テイルウインド」のボジョレーヌーヴォーと羽田スカイエールビール レストラン「テイルウインド」のボジョレーヌーヴォーと羽田スカイエールビール

国内線中心の第1、第2ターミナルに比べ、空港で過ごす時間の長さを考慮してさまざまなアミューズメントが用意されている第3ターミナル。早めに空港に到着して、思い切り楽しんでくださいね!

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/07/13)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索