page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

現地での安心のために。移動するとき、貴重品はどうやって持ち歩く?


大事なものは分散させよう

旅行中、心配になるのがパスポート、現金、クレジットカードなど貴重品の管理。どこに、どうやってしまったらいいのかは頭を悩ませるところですね。よく言われる基本は、分散させて持つということ。分けて持っていれば、どれかがなくなったときにも融通が利きます。そのとき、行動に応じて頻繁にしまう場所を変えていると、どこにしまったか忘れてしまうことがあるかも。念のため、自分だけにわかるようにメモしておくと安心です。また多額の現金を持ち歩くのは避けつつ、財布はできるだけカジュアルなものにするのがベター。お金持ちに見えそうなブランド財布は、日本で普段使っていたとしてもやめておくのが無難です。

チェーンをつけてスリ防止

財布など移動中もよく使うものには、チェーンをつけてみてはいかがでしょう。クリップがついたチェーンは、100均でも買えます。これで財布とバッグをつないでしまいましょう。外からは何も見えないようにするのがポイント。バッグの内側にファスナーがあれば、そのスライダーにつけ、何もなければ安全ピンなどを利用して。バッグにつながっていれば落とすことも置き忘れることもないし、もちろんスリ対策になります。バッグのほか、パンツのベルトループなど、服につなぐ方法もあります。この場合、外からわかりにくいように、上からアウターをはおると安心。上着を着る季節におすすめです。

カギをかけて防犯対策

セキュリティポーチや、現地で持ち歩くバッグ。カギがつけられそうなら、つけてみるのも手です。ファスナーで両側から開けるタイプだと、サイズにもよりますが、閉めたときスライダーに小さな南京錠をかけられたりします。南京錠はダイヤル式のタイプだと、手軽で使いやすいと思います。私は宿のセーフティボックスに預けるときに、念のためポーチにカギをかけたことがあります。また街歩き用のリュックサックに、カギをつけていたことも。普段はカギをかけずに、ファスナーのつまみ代わり。かけたほうがいいかも、と思ったときだけ施錠していました。外から簡単に開けられないし、警戒している感があって抑止力になるかな、と思っていたのですが、友人からは「貴重品が入っていると知らせているようなもの」という意見が。それもなるほどと思いましたので、考え方次第ですね。

レジ袋でカモフラージュ?

貴重品がどこに入っているかをわかりにくくするのは、確かに一つの防犯対策。財布やパスポート、またそれらを入れるポーチなどはだいたい素材やサイズ感が決まってきます。バッグを開けたら、ひと目で「これが貴重品」とわかってしまうかもしれませんよね。それをカモフラージュするために、貴重品をあえてレジ袋などに入れ、一見価値のないものに見せるというのはどうでしょう。パッと見、大事そうなものがどれかわからない、そう演出するのがねらいです。目印となるよう色つきのレジ袋や丈夫な素材の袋にするなど、くれぐれも自分が間違えないように! さまざまな準備や工夫で、旅の安心を高めていきましょう。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/07/21)

海外旅行準備マニュアルもあわせてご確認ください。

  • 海外旅行準備マニュアル
  • ※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
    ※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
     提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
    エイビーマガジンについて

     

    キーワードで記事検索

    検索