page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

旅先のホステル。相部屋で就寝時の心配事とは…


掲載日:2020/10/24 テーマ:安宿

タグ: ひとり旅 ふれあい ハラハラドキドキ 安宿 節約


その音で、つらい一夜に

驚くほど低料金で泊まれ、旅人同士の交流も楽しいホステル。ドミトリーと呼ばれる相部屋が一般的で、男女同室ということも普通です。2段ベッドが並んだ、寝るためだけの空間。そこでときに問題となるのが…同室の人のいびきです。その音で寝つけない、目が覚めてしまったという人はいるでしょう。本人は気持ちよさそうに寝ているのに、自分はまったく寝られない、そのストレス…。何時間も寝つけないと、翌日の観光に響いてしまうのがつらいところです。

時折、見かける小さなトラブル

実際、いびきでのトラブルには何度か遭遇しました。初めは「すみません。静かにしてもらえませんか」と丁寧に注意していた誰かの声が、次第に怒鳴り声に変わっていったり。朝食のテーブルで「昨夜はアナタのいびきで寝られませんでしたよ」と言われていた人が、「わかってるけど、どうしようもないんだ!」と反論していたり。たまにではありますが、いびき問題は相部屋につきものです。

事前に準備しておくといいもの

持っていると安心なイヤプラグ(耳栓) 持っていると安心なイヤプラグ(耳栓)

対応策としては、耳栓があります。装着して、まったく聞こえなくなることはありませんが、実際の音が明らかにトーンダウンするので効果的。これでけっこう眠れるので、私は枕元に置くポーチの中には、いつも耳栓を入れておきます。夜中、急に使うことになるかもしれませんから、身近に常備。耳栓は飛行機のアメニティによく入っていますから、行きのフライトのときに取っておいてみてはいかがでしょう。耳栓がなかったら、携帯電話や音楽プレーヤーなどのイヤホンを使う手もあり。音楽をかけなくても、着ければそれなりの遮音効果があります。

これも想定内と思って乗り切りたい

あとは気の持ちよう。安宿の宿命と、割り切ってやり過ごせればラクです。ホステルという場所はこういう我慢も込みでの低料金なのだと、あらかじめ想定しておけば、不満爆発!という事態も防げるかもしれません。何より、ひょっとして自分も迷惑をかける可能性だってあるのですから…。激しいいびきの主も、翌日に旅立ってしまえば問題解決。サラッと考えて、ストレスをためないようにしたいものです。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/10/24)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索