クルーズ(船中泊有)を探す

渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい »  外務省 海外安全ホームページ /  厚生労働省 検疫所ホームページ

全てのプランを見る

クルーズ(船中泊有)とはどんな旅?

宿泊設備を持つ豪華客船でクルーズを楽しむのがこのタイプ。一番のメリットは、夜寝ているうちに次の寄港地へ移動できることだ。船上にはレストランやプール、ショッピングモール、エステにカジノにシアターなどが揃い、アクティビティやイベントもテンコ盛り!
基本的にオールインクルーシブシステムのため食事やアトラクションを楽しむのに料金がかからないのも嬉しい(※買い物や飲酒などを除く)。寄港地では荷物を下ろす必要もなく、お財布ひとつで船から外出OKというお気楽さ♪
 「とはいえ、しょせんお金持ちの楽しみだよね」と思ってるアナタ、それは誤解かも?一言で豪華客船と言っても、実は設備とサービス内容によってカジュアル(1泊US$100前後〜)、プレミアム(1泊US$200前後〜)、ラグジュアリー(1泊US$400〜1000)と3つのクラスがあり、カジュアルクラスの船ならファミリーで利用することだって夢じゃない! しかも、カジュアルクラスは数千人を収容する大型船が多く、船内はまるで「動く街」。子どもが安心して遊べる場所や託児システムも充実しており、チビッ子たちも上機嫌だ。

クルーズ旅行体験記を見てみる


何が違う?3つのテーマ

  クルーズ(船中泊有)=
大型客船クルーズ
船で食事(船中泊無)=
ランチorディナークルーズ
船で観光=
遊覧クルーズ
こんな人におすすめ! 船自体が「動くホテル」なので、睡眠時間や移動時間も有効に活用したいと考える欲張りさんにおすすめ。船旅デビューの人や家族連れには、料金設定がリーズナブルでアクティビティ豊富なカジュアルクラスの船を。落ち着いた雰囲気の中で優雅に船旅を楽しみたいカップルや熟年夫婦などにはプレミアムやラグジュアリークラスの船が人気だ。 通常のツアーにプラスアルファして、ちょっとお洒落なひとときを過ごしたい人におすすめ。とくに夕暮れに出発するサンセット&ディナークルーズはロマンチックなので、ハネムーンや結婚記念日のカップルはぜひ♪ ランチクルーズはビュッフェスタイルの食事の場合も多くカジュアルな雰囲気で、ファミリーやグループにも喜ばれている。 海や湖などの景勝地を、陸からだけでなく水上からも眺めて堪能したい人におすすめ。美しい街並みを一望したり、滝や岩場に近づいてみたりと様々なアングルから絶景を楽しめる。
船上では? カジュアルクラスの中には、全長360m・22万トン、18階建て、乗客定員5400名…とまさに大型リゾートホテル並みの船も!ひと通りの施設に加えアイススケート場や遊園地まであり、毎日遊んでも遊びきれない。一方、ラグジュアリークラスは5万トン以下・乗客定員数百名の船も多く、きめ細かなサービスが魅力。客室はすべてスイート仕様、レストランやブティックも一流。フォーマルなドレスを持ちこんでセレブ気分を味わいたい。 ランチ、ディナーとも所要4時間前後のプランが多く、周囲の景色を満喫できるようゆったりとした速度で湾内や海岸沖をクルーズする。食事の内容はビュッフェ、BBQ、高級フルコース料理など様々。ディナーには、1000名以上を収容する客船でバンド演奏などのエンターテインメントを楽しみながら食事…といったゴージャスなプランも多々ある。ランチの場合は、カタマランやヨットなどを利用したツアーも。 水上観光を目的としたクルーズはバラエティ豊か。フィヨルドや滝、氷河といった自然美を楽しむものもあれば、街並みや夜景を観賞する類のものもある。他にはクジラやイルカなど野生動物を見学するもの、花火やライトアップなどのイベントを観光するためのもの…などなど。所要1時間程度〜と気楽に体験できるコースも多く、その土地・その季節限定の風景に出会えるのでチャンスがあったらぜひ体験してみたい。
乗船料の目安 カジュアルクラスで1泊US$100〜350、プレミアムクラス1泊US$150〜400、ラグジュアリー1泊US$400〜1000が目安。乗船・宿泊料はもちろん、航海中の食費やアクティビティ参加費などが含まれたオールインクルーシブシステムのことが多い。ただし、バーなどでの飲酒代、買い物、エステやカジノでの代金支払いは別途必要。 地域や内容により金額は異なるが、たとえばディナークルーズの場合ハワイUS$100前後、ニューヨークUS$150前後〜など。シドニーではシーフードランチクルーズも人気でAU$70〜80、ディナーはAU$100前後。アジアンリゾートは若干リーズナブルで、バリ島のディナークルーズUS$50前後〜など。現地のツアーデスクでオプショナルツアーとして気軽に手配できる。 地域や内容により、所要時間も金額もだいぶばらつきがあり一概には言えない。たとえばカナディアンロッキーのマリーンレイククルーズは約90分でCA$67、ナイアガラの滝遊覧船は30分US$19.95〜、上海の黄浦江夜景クルーズ90分170元〜など。ホテルから現地までの送迎もセットになったオプショナルツアーも多いので上手に利用しよう。
乗船可能エリア 人気のクルーズエリアとしては、カリブ海(マイアミ等発着)や地中海・エーゲ海(アテネ等発着)が挙げられる。2〜3泊の短いものから1週間以上の長い航海までコースは多彩だ。北欧ではフィヨルドやバルト海の絶景を楽しむプランが多い(ヘルシンキ発着等)。その他、ベトナムのハロン湾クルーズ、エクアドルのガラパゴス島クルーズなど特定の観光地にポイントを絞ったものも。昨今は日本にも外国船が次々と就航し、日本発海外のクルーズツアーも注目されている。 世界各地のビーチリゾートはもちろん、港を持つ観光都市などでも広く体験可能。人気どころでは、ハワイ・オアフ島でのサンセット&ディナークルーズ、オーストラリア・シドニーのランチクルーズと夜景クルーズ、ニューヨークのマンハッタン夜景クルーズ、香港の夜景クルーズなど。ヨーロッパではイスタンブールやローマなどでも人気のアクティビティだ。ドバイではアラブの伝統的な木造船ダウに乗ってのディナークルーズがポピュラー。 海岸、湖、河川などの人気観光地では必ずと言っていいほど運行されている。有名なところでは北欧のフィヨルドクルーズ、カナディアンロッキー、ナイアガラの滝、ハワイやニュージーランドでのホエールウォッチングツアーなどなど。上海では黄浦江沿いに建ち並ぶ洋館群と、近未来的な高層ビル群を同時に眺められるツアーが人気。海に隣接していないヨーロッの国々では川や湖上をめぐる遊覧船も多い。

海だけじゃない!海外リバークルーズ

世界には、川を舞台にした“リバークルーズ”旅もたくさんある。とくにヨーロッパは美しく雄大な河川が多く、地域によっては 海よりもはるかに身近な存在だ。これらの川をゆったりと下り、時には国境を超えながら河畔の街をたどるのが憧れのスタイル。アムステルダム発のライン川ツ アー、南仏プロヴァンス地方のローヌ川ツアー、ドイツ発のドナウ川ツアーなど、豪華客船内に宿泊しながら1週間程度の船旅を楽しむプランなどがあるのでぜひチェックしてみて。
一方アジアや南米、アフリカ大陸ではジャングルに覆われた大河で秘境感あふれるクルーズ旅を楽しむことが可能。エジプトのナイル川クルーズ、カンボジ ア〜ベトナムのメコン川クルーズ、ペルーのアマゾン川クルーズなど、プランが多彩だ。

リバークルーズへ行くツアーを見てみる

クルーズ(船中泊有)料金に含まれるツアーを検索!







クルーズ(船中泊有)  東京発 1月

クルーズ(船中泊有)|海外旅行 エイビーロード