ショッピング・免税制度

ショッピング・免税制度

デューティー・フリー・ショッピング(DFS)とは

デューティー・フリー・ショッピングとは、免税価格で商品を購入すること。たとえばハワイのデューティー・フリー・ショップなどで、お土産のお酒やたばこを購入すると、街中のスーパーなどで買うのに比べて、免税分値段が安くなります。


タックス・フリー・ショッピング(VAT払い戻し制度)とは

ヨーロッパなどで買い物をすると、料金にはすでにVAT(付加価値税)が含まれています。日本の消費税に相当するこのVATは、旅行者は支払う必要のない税金。世界の多数の国でこのVATの払い戻し制度があるので、出かける国にこの制度があるかどうかを出発前にチェックしておきましょう。手続きに従ってリファンド申請すると、価格に含まれていた税金分が戻ってきます。

リファンドの手続き方法

  • 1「TAX FREE」マークのあるお店で買い物をします。
    支払い時に、パスポートを提示しながら「タックス・フリー・ショッピング・チェック・プリーズ」と店の人に一言。お店の人からリファンド・チェック(免税書類)とレシートが渡されるので、名前など記入事項に誤りがないか、確認します(レシートはクレジットカードの明細とは異なります)。
  • 次へ
  • 2最終出国時に税関で「輸出認証スタンプ」をもらう
    出国税関(EU圏では最終出国税関)でパスポート・未使用の購入商品・リファンドチェック・レシートを提示し、輸出認証スタンプをもらいます。購入時にシールを貼られた商品は開封しないこと。
  • 次へ
  • 3リファンド申請方法は、次の3通り

    (1)キャッシュ(現金)
    現地空港または成田、関西国際空港のリファンド・カウンターにてキャッシュでお受け取りいただけます。
    受け取る通貨は原則としてリファンド・カウンターのある国の通貨です。
    ・直営のカウンターではない場合、1枚あたり3ユー ロが手数料として差し引かれます。
    ・ご本人のみお受け取りできます。代理で受け取る場合は委任状が必要です。
    ・日本でお取り扱いできない書類があります。

    (2)クレジットカード口座への振込み
    リファンド・チェックにクレジットカード番号を記載して最寄りのリファンド・カウンターでお手続き、または専用ポストに投函してください。
    日本では成田空港に専用ポストが設置されています。
    グローバル・リファンドでは書類を受理してから約5週間でお支払い手続きを完了します。
    カード会社からの明細書に反映されるのは手続き後2〜3ヵ月になります。
    ・アメリカンエクスプレスカードは指定できません。
    ・クレジットカードはご本人名義である必要はありません。

    (3)銀行小切手をご自宅へ郵送
    リファンド・チェックに氏名、住所(郵便番号を含む)、パスポート番号を必ずローマ字で、正確にはっきりとお書きください。
    三井住友銀行本店発行の日本円建て小切手でリファンドをお支払いします。

Q&A

  • Q国境越えをする列車、免税手続きはどこで?
  • A国境が陸続きのヨーロッパ。EUとEU圏外の国境を列車で旅している場合は、あらかじめ列車の車掌に免税手続きをしたい旨を伝えると、その列車に乗り込んでいる税関係員を連れてきて、列車内で手続きをしたり、国境で下車して税関で手続きをします。言葉が心配な人は、VAT書類を提示すればスムース。
  • Qアメリカの税金はどうなっているの?
  • Aアメリカの場合、デューティー・フリー・ショップはあっても、ヨーロッパのようなタックス・フリー・ショップはありません。デューティー・フリー・ショップ以外で買い物をする際には、旅行者も米国人と同様に州税を支払うことになり、税率は各州によって異なります。
  • Q税関での注意点があれば教えて!
  • A最終出国時に税関で輸出証明スタンプをもらわないと、リファンドは受けられないので絶対に忘れないこと。購入商品をすべて見せることができない場合はスタンプがもらえないこともあるので、スーツケースに入れたまま預けてしまったりしないように。また、品物は未使用であることが条件なので、包装したままにしておくこと。
  • Q税金分きっちり戻ってくるの?
  • A買い物をしたお店によっては代行会社が手続きをして、手数料を取るところも多いので、税金分がそっくりそのまま返金されるとは限りません。リファンドの受取り方法を小切手にした場合、その小切手を現金化するために銀行に行くと、換金手数料をとられてしまうため、かなり目減りしてしまいます。帰国後すぐに空港カウンターでキャッシュ・リファンドを受けるのがおすすめ。
  • Q荷物を宅配便で送った場合、免税される?
  • A外国で買った商品を、宅配便で日本へ送る場合は、別送品手続きを忘れずに。単なる宅配便として送ってしまうと関税がかかりますが、別送品扱いにすれば、携行品と合わせて免税枠内であれば税金がかかりません。手続きは以下の通り。
    • 1, 宅配業者の現地オフィスに電話をしてホテルまで取りに来てもらいます。
      または、大型店など宅配業者と提携している場合はその場で引き渡し。この時に、荷物や送り状などに「別送品(Unaccompanied Baggage)」と記入することと、受取人を本人にすることを忘れないようにします。
    • 2,帰国便の機内、空港カウンターのいずれかで、「携行品・別送品申告書」を2枚もらって必要事項を記入します。宅配業者の現地オフィスで作成した場合は不要。その2枚の申告書を、日本帰国時に空港の税関に提出し、確認スタンプを押してもらいます。2枚のうち1枚を提出、1枚は自分の手元に保管。入国手続きが済んだら、成田ならGPA、関空ならPASCOなどの別送品申告書受付カウンターに申告書を預けます。その他の空港の場合は、日本の宅配業者に郵送などで提出。後日、自宅に荷物が届きます。

■更新日:2014年9月■